室内環境に馴染みやすいように工夫されたトロフィー

かつて、日本の役所や学校など公共的な建物、それに企業のビルなども木造が大半だったため、木製の飾り棚があってさまざまな記念品を飾るようになっていました。全て木製であったため、木のぬくもりが背景にある事を考えてトロフィーは銀色に輝く金属製がほとんどだったわけです。現在でも、スポーツ大会でのトロフィーは伝統的な金属性が多いですが、住環境が西洋風になったためか、タイルやコンクリートの室内環境に合わせたものが製造されるようになりました。光学ガラスやアクリルで作られたトロフィーにレーザーで刻印できるようになるなど、技術革新のおかげもあって、さまざまな素材を使って製造できるようになったのです。室内環境に馴染みやすいように、金属以外の素材も柔軟に使い分けて工夫して製造されているからこそ、製造業者はいまでも根強く運営できているといえます。

トロフィー製造業者のスケールを説明すると

日本では伝統産業の企業について、創業者一族によって代代受け継がれてきた歴史的背景があります。トロフィー製造業者においてもそれは同様であり、中小企業であることからその経営スケールは小規模といえます。もちろん、顧客のさまざまな要望に応えていくため、新しい金属加工技術などを導入することもありますから、工場の規模や営業所の規模は創業時よりも多少大きくなっています。それでも、基本的に特注品のトロフィーを製造していくという特殊性がありますから、小規模スケールで経営されているのです。トロフィー製造業者の大半は、そのほかに社章や記念楯、カフスボタンなど記念品として使われるあらゆる物を製造する業者となります。だから、製造工場のスケールは小さめでも顧客からの多くの注文に対応する事ができるノウハウを蓄積しているのです。それゆえ、顧客からの高い信頼性を保てるので、長期安定経営が可能となります。

トロフィー製造現場写真をみたときの感触とは

企業の公式サイトにはたいていの場合、現場写真を限定的に公開していることが多いです。トロフィー製造業者においても、製造現場写真を限定的に公開して、仕事の内容を垣間見えるようにしています。この製造現場写真を公式サイトで見たときの感触として、製造される商品は伝統的に製造されたものであるけれども、実際の製造用機械は現代の加工機械であるので先進的である、という感触を挙げられるのです。つまり、トロフィー製造を長年請け負っていて、過去の技術もしっかりと継承しているけれども、現代の顧客が要望することにも対応するために最新式の加工機械を導入するという柔軟さももっているのです。トロフィー製造現場写真を見て感じた先進性は、これからも衰えることなく発揮されていくでしょう。この先、どんな風に製造方法が変わっても対応できるしたたかさがあると分かりました。

コメントを残す

Your email will not be published. Name and Email fields are required.


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)