ハンティングトロフィーについて

トロフィーといえば何かしらのコンクールや大会で優秀賞を取ったり、優勝したりした場合にもらって棚などに飾るカップのようなものを連想していたのですが、調べてみるとカップの形をしていないものもありました。これはハンティングトロフィーと呼ばれるもので、狩りに行って捕まえた動物の顔のはく製を言うのだそうです。これは壁に飾られることが多いです。捕まえて作られたもの以外に、木を彫ってかたどったものやぬいぐるみ、厚紙で作られたものも存在しています。実際に動物を捕まえてはく製にしたものの場合は、狩猟を職業としている人たちの家でない限りお目にかかるのは難しいと思います。ただ、個人的にはこのようなものは非常に格好よく、リアリティがあって素晴らしいと思います。ですから、もしこのようなはく製が見られる機会があれば、写真に撮っておきたいと思っています。

最近のトロフィー製造業で話題になっていること

かつて、特別な製造ノウハウが必要であったトロフィー製造業は、スポーツ大会やそのほか表彰がある場所で使われる記念楯や記念トロフィーを独占的に製造していました。地域によって製造業者の指定が違うので、地域ごとに独占的に作っていたのです。輸送費も高かった時代でしたから、地域の業者に頼むというのが普通とされました。現在では、物流網が発達していて通販で好きな業者に製造を依頼できるようになったといえます。つまり、最近のトロフィー製造業で話題になっている事は、どんなに居住地から離れていても、ネット経由でデザイン画を提出して注文すれば、自分好みの物を製造してくれるのです。企業の表彰などは一定の需要があるので、リピーターとして利用するようになれば割引制度などを使えるなどかなりお得といえます。記念品だからこそ品質にこだわりたい、と考えるならば、妥協せずにネット通販で買いましょう。

トロフィー製造で多数の種類にみる奥深さとは

一般的にはスポーツ大会での記念トロフィーのイメージが強い訳ですが、実は記念品や社章などの特注品を製造するという場合が多いトロフィー製造業者では、多数の種類の製造が可能であるとアピールしています。特に日本の場合、伝統的に限られた業者しか製造してこなかった歴史的経緯がありますから、製造業者は誇りをもって製造しているわけです。トロフィーの材料には、鉄等の金属のほか、光学ガラスやアクリルもあり、バラエティーに富んでいて製造技術の奥深さを感じます。さまざまな材料を加工するためには長年のノウハウが必要になるからです。記念品全般を特別注文で作るという場合が多いため、デザインは依頼主ごとに異なるものになっています。依頼主の企業が販売している商品をモチーフにすることが多いから、柔軟に依頼に対応できる対応力が必要になるのです。その対応力ゆえ、製造するものについて奥深さを感じる事ができます。

コメントを残す

Your email will not be published. Name and Email fields are required.

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにGD image supportが見当たりません!

PHPにGD image supportが有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにimagepng機能が見当たりません!

PHPにimagepng機能が有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)