トロフィーが与えてくれるもの

大会で優勝したり、名誉な賞を頂いた時にトロフィーが授与される事はあるでしょう。特にスポーツでは例えばサッカーのワールドカップが最も代表的なもので、それをどの国が手にするかで世界中の国々が4年に一度熱狂し、選手たちは国の代表になる為に必死のアピールをします。努力をした結果手にする事が出来るものなので、生涯の内にトロフィーを手にする事が出来る方というのは限られている事でしょう。しかし、それを手にした際は自分の人生の中で非常に大きな思い出や自信として残り続けるものだと思います。私は小学校の時にサッカーをしており、その時にチームが初めて入賞し貰ったトロフィーがあります。もう20年も前の話ですが、現状それが最初で最後に貰った物です。社会人になると仕事以外で一生懸命何かに打ち込む機会というのが減ってしまいますが、そういう物を見つけて、また表彰台に立ってみたい。それが私の夢です。

トロフィーは大事に保管したい

これまで築き上げてきた実績がトロフィーとして手元に残るわけですが、ご自宅の棚に大事に保管されているのを見ると見栄えが良いですよね。このような物はより綺麗に並べると輝いて見えます。自分が頑張った証なのですから、人の見えない場所にしまっていてはトロフィーが可愛そうな気がします。数が多くなるほどそれに対応した大きさの棚が必要になってくるので、お家のスペースと相談して購入を検討しましょう。そして、これからもお家のトロフィーがドンドンと増えていく予定ならスポーツ、学業、何でも良いと思うんです自分が成果をあげたいジャンルのもので一番になれるよう精一杯頑張って下さい。月日が経って、いずれ頑張った自分を振り返ることが出来ます。保管方法を検討するのはその後でも良いかもしれません。なぜかというと、集まる前に検討しても意味がないですから。

トロフィーをもらった少年

「トロフィーをもらった少年」というと、誇らしげな表情を浮かべ、自身の手には少し大きすぎて重そうに抱える少年がイメージできると思います。友達に「見てみて」と嬉しそうに自慢する少年もいるでしょう。少し照れながらお父さんやお母さんに見てもらうかもしれませんね。重いトロフィーを抱えながら、はやくお父さんやお母さんに見てもらいたいなと少年は足取り軽く家に向かうのです。なんと微笑ましいのでしょうか。そして、家の玄関に着くと荷物を放り出し、トロフィーだけを抱えて駆けてゆくのです。もしかしたら、照れてしまって何も言わずにさりげなくリビングに置いておくかもしれません。誰かが気づくのを待っているのです。早く見てほしい、僕を褒めてほしいと思いながらひたすらドキドキしながら待つのです。そして、目いっぱい褒められてまた照れてしまいます。しかし、勲章はそんな甘酸っぱい思い出とともにリビングで輝き続けるのです。

スポーツから文化系イベント、メダルからトロフィー、表彰盾等の多種多様なグッズが揃います。 様々の種類のトロフィーをご用意しております。 頑張った子供へ授与するトロフィーや優勝カップに、大会名などの彫刻文字をリーズナブルな一律料金で刻むことのできる販売店です。 子どもの成長に合わせて、学校やスクールの表彰だけでなく家族のお祝い事にも使えそうですね。キッズ向けトロフィーはこちらのサイトから。

コメントを残す

Your email will not be published. Name and Email fields are required.

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにGD image supportが見当たりません!

PHPにGD image supportが有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにimagepng機能が見当たりません!

PHPにimagepng機能が有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)